妊娠は嬉しい出来事ではありますが、つわりはあまり歓迎できるものではありませんよね。
毎日何をしていても吐き気がする、胸のあたりがムカムカするといった状態はつらいものです。

このつらいつわり、実は予防する方法があるってご存知でした?

当帰芍薬散で、つわりを予防

つわりの症状を予防する方法に漢方薬を使用するというものがあります。
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)という漢方薬は、つわりの予防に効果があると言われているんですよ。

この、当帰芍薬散はつわりだけではなく、貧血や冷え性、月経不順や不眠、肩こりなどにも効果があると言われています。
女性特有の体調不良の症状をカバーできる漢方なんですね。

当帰芍薬散は、ドラックストアなどでも手軽に購入できる漢方で、漢方薬の中ではメジャーなようです。

漢方薬使用上の注意

漢方薬は基本的に妊婦さんにも服用できる優しいお薬というイメージがありますよね。
私も妊娠中に風邪をひいて、病院を受診した時に漢方薬を処方された記憶があります。

当帰芍薬散は上述したようにドラックストアなどで市販薬として販売されており、気軽に手に入れる事ができます。
しかし、服用にあたっては主治医の先生と良く相談してからの方がよいでしょう。

いくらつわりが予防できるといっても、赤ちゃんに万が一の事があってはいけませんから、そこは慎重に対応したいものです。

当帰芍薬散が効きやすい人

漢方薬の効き目には個人差があります。
飲んだらすぐ効き目があったという人もいれば、全く効き目がなかったという人もいます。

なぜそんなことが起きるかというと、本来漢方薬は飲む人の身体状況を把握しながら調合して作るものだからです。
市販されている漢方薬は万人に効果が出るよう画一的な配合になっており、飲む本人1人1人に合わせて調合したものではありません。

ちなみに当帰芍薬散が効きやすい身体の状態ですが、体力があまりない人で冷え性、疲れやすい状態と言われています。
こういった身体状況の方が当帰芍薬散を飲むとつわり予防にも大変効果があるようですね。